ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

アジア債券、先を見据えて

リスクとリターンのバランスの取れたポートフォリオをアジアの債券で実現するために、投資家の皆様はPAIFをご検討するのはいかがでしょうか。

PAIFは、アジア8つの国・地域の政府および準政府機関が発行する現地通貨建て投資適格債券へのアクセスを提供することにより、保有資産の分散を図る革新的な戦略で知られています。

PAIFは、アジアの現地通貨建て債券市場を発展させる取り組みに、欠かせない存在です。関連するリスクを軽減しつつ潜在的なインカムの機会を獲得し、流通市場の流動性を高めるために、2018年7月に証券貸付への参加を開始しました。


なぜPAIFなのでしょう?


PAIF Diversification Made Easy

分散が容易に

PAIFは、アジア8つの国・地域の現地通貨建て国債・準政府機関債をポートフォリオに組み入れたETFとして、いち早くスタートしました。現在、PAIFは1度の取引で、高度な分散投資を投資家に提供しています。


PAIF Innovation Strategies

革新的な戦略

PAIFは、革新性によって安定性を高めることで、アジア債券のリーダーとして高い評価を得ています。時価総額、信用格付、投資適格指標を考慮した、独自のベンチマーク設計を採用しています。


PAIF Experience Leads the way

経験値が道を切り開く

15年以上にわたる確立されたポートフォリオ運用の実績により、PAIFは地域最大の債券ETFとなっています1


PAIF Delivering Access and Returns

アクセスとリターンを実現する

PAIFは、低金利環境下でも確かな利回りを獲得し、需要のある資産への容易かつシンプルなアクセスを提供するよう設計されています。


PAIF Cost Efficient Investing

コスト効率に優れた投資

PAIFは、取引手数料の削減と相対的に低い経費率により、流動性の向上へつなげています。


ファンドの概要



インサイト


PAIFに関するお問い合わせはこちらまで。